【春の新作】

新作を見にいらした平野様と新作お帽子について話しをしていたら、

普段はなかなか人前では話すことのない“自然”に対する思いを思い出しました。

頂いたメッセージをご紹介します。

_________________________________________

桜も散り始めた今日この頃。

麻布十番をひらりお散歩。街並みを楽しみながら、久しぶりにWAGANSEさんへ。

素敵な新作お帽子を試着させていただき、大はしゃぎでした!

「最近いろんなところで除草剤が売られていて雑草を防除すると共にお花も少ないように感じます。」と話してくれたのはWAGNSE帽子デザイナーのglicoさん。

 

日本は元々お花で色を染めるから同じお花でも微妙に色が異なり、それを楽しむのが日本人。だから色の名前もお花由来のものが多いのよと教えて頂きました。

 

昆虫や魚、鳥などにも性格があって会話はできなくても個性はわかるからかわいくてしょうがないの、でも今はかなり数も種類も減ってしまったわと。

 

あぁ、自然の美しさを身体中で感じているからこんな素敵なお帽子ができるんだ~と優しい気持ちになりました。

麻生十番でに見つけたお花たち

 

そして私は春の新作お帽子を被ってはしゃぐはしゃぐ(笑)

 

新作お帽子にはしゃいぐ私

春花のようなお帽子

去年から日本の歴史について学び、いろいろなものが発達する中で食事や言語など変わるものと精神や感情などの変わらないものがあると知りました。

自然を美しいと感じる感覚はきっと変わらない日本人らしい素敵な感覚なんだな〜と感じました。

デザイナーのglicoさん

glicoさんありがとうございました^ ^

また遊びに行きますね!

__________________________________________